Akaty's GPL

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

The Tale of the Bamboo Cutter

ジブリの大ファン、というほどは観ていないかもしれないけど、公開時から気になっていた『かぐや姫の物語』がテレビ放映、というので観てました。

ついこないだ劇場公開してたと思うのに、最近はテレビ放映までが早いですね~。

で、正直期待半分、不安半分、みたいな感じだったんですが、結果から言うと、良かった。

でもなんか不思議な作品というか、なんかこう、じわっと来るすごい地味な良さ、みたいな。

めっちゃ正統派な路線で馬鹿正直に、シンプルな物語をそのまま丁寧に仕上げた作品、って感じでしょうか。

とにかく画の丁寧さは素晴らしかった。
最初その変わった描画スタイルに違和感を感じていたんですが、観ているうちに全く気にならなくなったどころか、どの瞬間も全部が一枚の画として芸術性を持った美しさがあることに気づいて、きっとこれを作り上げるのにはとてつもない手間暇が掛かっているんだろうと、その丁寧な仕事ぶりに感銘を受けました。

物語も、奇をてらう事なく、非常に真摯に、まじめに、馬鹿正直に作品に仕上げたっていう印象で、大人の鑑賞に耐えうる芸術作品というだけでなく、子供にとっての非常に上質な動く絵本、でもあると思いました。

ただ、アニメファン、オタクにはウケは悪いでしょうね~。
というか、意図的にそこを外してるんだと思います。

いや、私が気に入ったということは、オタク受けもいいのかな(笑)
良くわかりませんが^_^;

とにかく、今かぐや姫の話をアニメ化するということで、もっと奇抜などんでん返しとかのある現代風の話にしてあるのかと思ったら、まるで匠が作る由緒正しき伝統工芸品、みたいな仕上がりに驚くと同時に、これだけメジャーになって巨大になったジブリが今、こういう芸術性の高い大掛かりなアニメ作品を作れるというのがジブリの底力というか、凄いところだなぁ、とも感じました。

いやぁ、今頃こんな事を言うのもなんですが、いいものを観させていただきました(^^)

関連記事

  1. 2015/03/13(Fri) 23:14:07|
  2. Movie|
  3. Trackback/s:0 |
  4. Comment/s:0
<<2015 Australian Grand Prix Qualifying | Home | Settled>>

Comment/s

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback/s

トラックバックURLはこちら
http://akaty.blog3.fc2.com/tb.php/2306-ba4122bc

Akaty

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Pull-Down Menu

Sincere Thanks

My Friends' Blogs

Search My Site









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。