Akaty's GPL

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

130R

ちょっと前にF1でのエンジンの変遷をまとめた動画を紹介しましたが、エンジンという観点ではなく、決まったコーナーでのF1マシンのオンボード映像を年ごとにまとめてくれている動画もあるんですね。

F1 mythic corners onboard | F1 1989 - 2013 - 130R (Suzuka) - YouTube
http://youtu.be/dSBTRYvjkck



これは有名な鈴鹿サーキットの高速コーナー『130R』での1989年から2013年までの毎年のオンボード映像をまとめた動画ですが、個人的にはなかなか興味深い動画でした。

ご存知のように鈴鹿の130Rは昔はその名の通り曲率が130Rだったわけですが、2003年に改修されてからはそれよりも緩い複合コーナーに変わっていて、走り方が昔からはずいぶん変わってきたコーナーの一つだと思います。

ただ、この動画みたいに同じコーナーだけを年ごとにまとめて見る機会はめったにないので、どのくらいその走り方が変化しているかは、これほどはっきりとは違いがわからなかったんですよね。

この動画を見ればそれが一目瞭然。
最初の1989年のセナ選手の頃はギヤを落としていますが、それがアクセルオフのみになって、マシンの進化にともなって2000年頃からはほとんどアクセルを戻さなくなってます。
コーナー改修は2003年からなんですが、この動画を見る限り走り方自体は2000年頃からほぼ全開になっていて、私は走りが一番変化しているのはコーナー改修の年からだと思っていたのでちょっと意外でした。

近年はほぼ全開で抜けられてタイム差もほとんど出ないと思うし、コーナー外側のランオフエリアも舗装されて、昔のチャレンジングだった130Rとは全く別のコーナー、というかF1クラスだとほぼコーナーではなくなっているくらいの感覚じゃないかと思いますが、こうやって20年以上もの映像を比較出来るっていうのは、130R、そして鈴鹿サーキットがF1において歴史と伝統を築いてきた証ですよね。

そういった意味でもなかなか感慨深いものを感じる動画でした。

関連記事

  1. 2014/12/16(Tue) 23:33:28|
  2. Motor Racing|
  3. Trackback/s:0 |
  4. Comment/s:0
<<Nostalgia | Home | New Departure Melodies>>

Comment/s

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback/s

トラックバックURLはこちら
http://akaty.blog3.fc2.com/tb.php/2218-364801d9

Akaty

Calendar

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Pull-Down Menu

Sincere Thanks

My Friends' Blogs

Search My Site









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。