Akaty's GPL

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

Final Desicion

いや~、ようやく決まりましたね、マクラーレン・ホンダの来季ドライバーラインナップ。
蓋を開けてみれば噂通り、アロンソ選手が加入し、チームメイトはバトン選手で、すでにそこら中で予想されていたのでなんら驚きがないというか(笑)

マグヌッセン選手もチームのリザーブドライバーとして残るそうで、これは昔セナ選手がギリギリまでマクラーレン残留を迷って、最終的に一戦ごとの契約という今から考えると異常事態になったときにハッキネン選手がリザーブとして残った1993年とちょっと似ていると思いました。
個人的には前々からバトン選手と入れ替わる形でアロンソ選手がマクラーレン入りするんじゃないかと予想していたんですが、結果的にはこれは外れてしまいました。
ただ、バトン選手のマクラーレンチームへの貢献を考えればこれは至極妥当な決断だと思うし、個人的にも嬉しい決定です。
道端ジェシカさんというフィアンセもいて日本とのつながりも深いですしね。

マグヌッセン選手がレギュラードライバーになっていたとしたら、バトン選手がリザーブっていうのはあり得なかったと思うので、その意味でも一番妥当な決定なんじゃないでしょうか。

個人的にはこの決定を聞いて思ったのは、去年のセルジオ・ペレス選手が可愛そうだったな~っていう事なんですよね。

結果的にはマクラーレンはペレス選手、マグヌッセン選手と才能のある若いドライバーを2人も一年限りで、言い方は悪いかもしれませんが『使い捨てた』形になるわけで、この2年はチームの発展という意味においても非常に無駄というかもったいない二年になってしまったんじゃないかと思います。
まぁマグヌッセン選手はリザーブという形でマクラーレンに残るので、『使い捨て』は適当な言葉ではないかもしれませんが。

来年からは新しいホンダとのパートナーシップも始まるわけで、心機一転、ここから再スタート、っていう感じになるんだと思いますが、個人的にはもう少し長い目で継続的な発展を目指して欲しいところです。

でも正直、バトン選手もアロンソ選手ももう中堅どころかベテランの域の2人で、ホンダとの関係が非常に上手く行って初年度から素晴らしい結果でも出れば別ですが、恐らく最初からそんなにいい結果は出てこないと思うので、そうなるとこの二人共に、すぐにまた若いドライバーとの交代を視野に入れなければいけないと思うんですよね。
特にアロンソ選手は恐らく契約に成績条項を入れているはずで、一年でマクラーレンを離れても全く私は驚きません。

まぁ、船出もしていないうちからそんな縁起でもないことを話しても仕方ないので^_^;、まずはこのパートナーシップがどうなるのか、興味は本当に尽きないので、応援しながら(ここ大切ですよねw)、じっくり見守りたいと思っています。

来季のF1は久々にトップドライバーが大きくチームを入れ替わってシャッフルされるような形になるので、どうなるのか全く予想がつかなくて興味津々って感じで本当に楽しみですよね(^^)

関連記事

  1. 2014/12/11(Thu) 22:32:24|
  2. Motor Racing|
  3. Trackback/s:0 |
  4. Comment/s:0
<<Like Two Peas in a Pod | Home | The First F1 Challenge of Honda>>

Comment/s

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback/s

トラックバックURLはこちら
http://akaty.blog3.fc2.com/tb.php/2213-c66edfe3

Akaty

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Pull-Down Menu

Sincere Thanks

My Friends' Blogs

Search My Site









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。