Akaty's GPL

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

That's Weird

何か面白い動画ないかな~とYouTubeを見ていたら、なんか懐かしい”Neal Schon”という名前を見つけました。

Neal Schon - Love Finds a Way (Official / New Album / 2014 / Feat. M. Mendoza, D. Castronovo)
http://youtu.be/XSvYjm5qb-k


パッと観た印象は、『ニール・ショーンさん年取ったな~』。
ニール・ショーンさんって、骨太ガッチリラテン系の結構イケメンっていう感じでしたが、ずいぶん顔が面変わりしていて、ちょっとビックリしました。

で、次の印象が『このドラミング気持ちワリー^_^;』(笑)
ボーカルも取りながらドラムを叩いていますが、こんなへんちくりんでカッコ悪いドラムプレイは私は初めて見ました。
なんだこれ(笑)
なんかプレイスタイル自体もキモいんですが、他にもなんか変、と思って良く見たら、この人なんかグローブつけて叩いてるんですよね。
そして裏生地が真っ赤の(笑)シャツの袖をまくって、スティックをくねくね振りながら体も首もくねくねかしげながら叩くスタイルは、蟷螂拳みたい^_^;

う~ん、好きになれない、このスタイル(笑)

ただ、歌は上手いっすね。
ちょっと調べてみたら、この方、ディーン・カストロノヴォさんは、現在ニール・ショーンさんとともにジャーニーのメンバーでもあるそうで、言われてみれば声がスティーブ・ペリーさんにクリソツ。

しかし、YouTubeのコメントにも書かれてましたが、このプロモVはヒドい出来ですね~^_^;
ブルーバックで演奏して、背景は全部合成っていうのはまぁなるべくお金を掛けずに作るために致し方無いにしても、ソロもバッキングも、どこもかしこも音と映像が全然合ってない^_^;
音はアルバム収録のものを使って、歌と演奏は口パク、当て振りっていうのはこういうPVの場合当たり前になってますが、少なくともある程度その曲の音通りに演奏するのが普通だと思うんですが、このPVの場合ギターソロ自体全く合わせる素振りさえ見せていなくて、見ていて気持ち悪い^_^;
さらには普通はほぼ完璧に合わせるドラムのフィルまで超適当で全く合ってなくて、プレイスタイルの気持ち悪さをさらに強調してくれてます(笑)

曲自体は結構いい感じなのに、このPVはちょっと…
とりあえず私が今まで見てきた中ではワーストに近いかも。

まぁとりあえずお元気そうでなによりです(^^)

P.S.
曲自体もギターとシンセ?のユニゾン部分の音のズレとか、結構キモい、かも^_^;

関連記事

  1. 2014/07/22(Tue) 22:18:46|
  2. Music|
  3. Trackback/s:0 |
  4. Comment/s:0
<<Dream Combination | Home | Heavy Schedule>>

Comment/s

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback/s

トラックバックURLはこちら
http://akaty.blog3.fc2.com/tb.php/2070-8ecab001

Akaty

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Pull-Down Menu

Sincere Thanks

My Friends' Blogs

Search My Site









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。