Akaty's GPL

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

Cut or Compile

10月2日に出るPerfumeのニューアルバムの事を昨日ちょっと取り上げたんですが、このアルバムの収録曲を見て、当たり前の事なのかもしれないんですが、個人的に『あ~そう言えば』ってちょっと思ったこと。

今回出るPerfumeのニューアルバム『LEVEL3』ですが、パッと見ただけでも私が既に知っている曲が3~4曲は入っています。
要するに、シングル曲であったり、CMタイアップ曲として、世間で既に流れている曲です。

日本の場合、こうやって、一曲ずつ単発で曲をまず出していって、それがある程度集まったら、アルバム用に何曲か新しく作って、それらの曲を合わせてアルバムとして出す、っていうのが慣習っていうか、当たり前ですよね。
言ってみれば、ある意味アルバムがいつもベストアルバム的な要素を持っているっていうか。
もちろんシングル曲もアルバムミックスになっていたりするわけで、今までに出た曲をそのまま集めたわけでは全然ないんですが、普通だいたいシングル→アルバムっていう流れなんですよね、日本って。

でもアメリカってこれが真逆です。
まずアルバムが出て、そこからシングルカット、まさにアルバムから一曲ずつカットしてシングル曲を売ります。
昭和世代20世紀少年なので例が一々古くて申し訳ないんですが^_^;
マイケル・ジャクソンの『スリラー』とか、デフ・レパードの『ヒステリア』、ヴァン・ヘイレンの『1984』みたいなモンスターアルバムは、どんどんシングルカットされて、アルバム収録曲の大半がシングルカットされていました。

別にどっちがいいとか悪いとかって言う話をしたいわけじゃ全然なくて、Perfumeのアルバム収録曲を見ていて、『あ~そういえばアメリカは逆だな~』とかぼんやり思ったので書いてみただけなんですが(笑)

どういういきさつでこういう、日米で先出し、後出しっていう違うアルバムリリースの慣習が出来上がっていったのかっていうのはずいぶん昔から興味があるんですが、めんどくさいので今まで調べたことがないという(笑)
日本式は演歌みたいに一曲を十年歌い続ける!みたいな世界の流れを受け継いでいるのかな~とか妄想しています(笑)

この日本とアメリカのアルバムとシングルのリリース順の違いって、単純に順番が違うっていうだけじゃなくて、結構『アルバム』っていうものの位置づけが違ってくるんじゃないかと思うんですよね。
まぁ今はネットで一曲ずつバラ売りが当たり前になってきているので、洋の東西を問わず、アルバムっていう概念自体希薄になってきているかもしれません。

な~んていう感じでアカデミックっぽい事を書こうとしてみましたがいかがだったでしょうか。

思ったことをそのまま書いただけなので思いっきりアホっぽいですか、そうですか(笑)

関連記事

  1. 2013/09/28(Sat) 23:55:25|
  2. Music|
  3. Trackback/s:0 |
  4. Comment/s:0
<<Stick Drink Bar Campaign | Home | 1000µm>>

Comment/s

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback/s

トラックバックURLはこちら
http://akaty.blog3.fc2.com/tb.php/1758-d7e748e6

Akaty

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Pull-Down Menu

Sincere Thanks

My Friends' Blogs

Search My Site









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。