Akaty's GPL

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

Shogi & F1

今回は将棋電王戦最終局とF1バーレーン・グランプリ予選について書いているので、まだ結果を知りたくない方のために一応『続きを読む』↓に隠します(^^)















将棋の電王戦、結果は、まぁ予想していた通りでした。

正攻法で勝ち目がないというなら、コンピュータは既に人間を勝敗だけで言うなら上回っているのではないでしょうか。
奇策でコンピュータの裏をかいて、なんていうのは、はっきり言って邪道だと思います。
人間の将棋がそんな、コンピュータのバグを見つけるような卑俗なモノに成り下がるというならやらない方がマシだと思います。

そもそも人間対コンピュータという図式自体がおかしいと私は最初から思っていて、もちろんずっとこの電王戦を楽しませていただいていましたが、将棋に詳しいファンの皆さんが、コンピュータ将棋を目の敵にして擬人化して、プロ棋士に対して『絶対勝ってくれ!』なんて言っているのにはちょっと違和感を覚えます。

今日の対局後のコメントを読んでいると、『次回やるならPCの性能を制限すべき』という意見がものすごく多かったんですが、そんなことをしてまでコンピュータと対局することにどんな意味があるんでしょうか。
人間とコンピュータがその力を出しあって勝負をする事で、現在最高レベルのコンピュータ将棋ソフトが、プロ棋士に対してどの程度の力を持っているのか、という点を明らかにするという事に今回の企画の意義や意味があったわけで、人間よりコンピュータが強くなったから、いい勝負が出来る程度までその力を抑える、なんてもう競技でもなんでもないですよね。

PCの性能はどんどんあがって行くのに、強くなるたびにどんどん制限して人間とそこそこいい勝負出来るレベルに今後ずっと合わせていくつもりなんでしょうか。

人間には限られた能力しかないかもしれませんが、その限られた能力の限界まで引き出して勝負する事こそが将棋の、勝負の醍醐味だとするならば、ある意味無限にその能力を向上し続けられるコンピュータとは違う道を行くのは必然であって、なにもコンピュータの得意な計算能力で手加減してもらってまで人間が勝負を仕掛ける必要なんか全然ないと思うんですが、コンピュータを擬人化してしまうことでこのへんのごくごく単純な理屈が見えなくなってしまうのかな、とか門外漢の私は感じていました。

人間同士の対局をPCが感想戦で評価する、もっといい手をコンピュータ将棋が探るっていうような一種の分業のような役割分担する道は今後十分に有り得ると思います。

現に今回の対局でも、ボナンザだったかボンクラーズだったかの評価関数が表示されていて、観戦者も解説者のプロ棋士もそれに一喜一憂していました。
GPS将棋の将棋を、それよりも恐らくは弱いであろう将棋ソフトで出している評価で局面の有利不利を判断する材料にしているというのは、もちろん参考データであるにしても、面白い現象だなぁ、と思っていましたが、この事自体が、PC将棋ソフトとの協調の道の一つの可能性を示していると思います。

コンピュータの将棋ソフトだって人間がその知恵を絞って編み出したプログラムなんですから、変に対抗意識を燃やすのではなく、プロの棋士の方だってその将棋ソフトを利用して、将棋という競技を研究したり、そのソフトの開発に協力して、将棋という競技の可能性を探ってみても良いのではないでしょうか。

人間の誰かが将棋の必勝法を編み出してしまったというなら将棋という競技の危機と言えるかもしれませんが、今回は全然そんな話ではないわけで、私はコンピュータが強くなることを懸念するよりも、むしろコンピュータ将棋ソフトがプロ棋士の最高レベルの能力を持った以上、人間同士の棋戦でその力をどこまで利用しても良いか、その監視をどうするか、などのルールの改正の方を早急に考える時期に来ていると思います。

まぁでも、今回の電王戦では本当に私自身楽しませて頂きました。
こういう企画はこれからもどんどんやればいいんじゃないかと私は思います。
第三回もきっと開催されると思うので、今から楽しみにしています。


そしてF1バーレーン・グランプリ予選。

個人的にほとんど全部似たようなコースみたいな印象だったティルケサーキットなんですが、今回のバーレーンサーキットを良く見てみたら、ここはティルケサーキットの特徴の一つである、『奥に行くにしたがってだんだんキツくなるコーナー』が少なくて、逆に『だんだん開いていくコーナー』が多めの、ちょっと珍しいコースなのかな、という印象を受けました。
最終コーナーなんかは特に出口が緩くなっていて結構奥まで突っ込める、というか奥まで攻めないとタイムが出ないと言うことでみんな頑張りすぎて飛び出したりしていました。
コーナー形状だけ見るとどんどん攻められそうに見えるんだけど、行ってみると意外とダメ、みたいな(笑)
そのくらい、このコースは『ブレーキでタイムを削る』タイプのサーキットじゃないかと思います。

その中で、現在のドライバーラインナップでも飛び抜けてブレーキが深いロズベルグ選手がポールをゲット。
個人的には、ロズベルグ選手はこのバーレーンのコースを速く走るポイントを知っていて、チームメイトのハミルトン選手にその手の内を見せないように予選まで走り方を変えていたんじゃないかと言う気がしています。
そのくらい予選でのロズベルグ選手の走りはかなり印象的で速かったですよね。

ほとんどコーナーの中までブレーキングゾーンにしているような印象さえ受けるほどブレーキングで突っ込んでいて、このコースの特徴とも上手くマッチしたスーパーラップだったと思います。

アロンソ選手もブレーキで相当頑張っていましたが、頑張りすぎて予選の最終ラップはミスってましたね。
フェラーリは既にファースト・セカンドのドライバーをしっかり使い分けるチーム戦略を打ち出していて、はっきりとアロンソ選手をチャンピオンに、という姿勢がありありなので、マッサ選手は今回も献身の精神を発揮させられそうな予感^_^;

マッサ選手はチームオーダーとか全然OK、っていうような哲学の持ち主みたいなんですが、こんな序盤からそれでもいいのか!とちょっと私なんかは思ってしまいます。
まぁ、そうでなければフェラーリでここまで長く生き残ることは出来なかったでしょうし、逆にフェラーリに長く居る間にそういう考えになったとも考えられるかも^_^;
よくよく考えてみれば、マッサ選手ってシューマッハ選手、ライコネン選手、そしてアロンソ選手と、三人もチームメイトが変わっているのに、その間ずっとセカンド・ドライバーなんですよね^_^;
なんか色んな意味で凄い(笑)

ハミルトン選手はフリー走行三回目でリヤサスペンションにトラブルが出て、予選前にはギヤボックス交換で5グリッドダウンのペナルティと、ここにきてやっぱり、と言う感じで信頼性の問題が出てしまって、今回はロズベルグ選手のターンという感じですね。
ただ、レース本番は、マシントラブルさえ出なければハミルトン選手は今回も結構来そうな気が個人的にはしています。

ロータスは今回グロージャン選手がなかなか調子良さそうでしたが、予選では残念ながらQ2敗退。
ただこちらも、このコースの特性はグロージャン選手のスタイルに合っていると思うので、決勝もいいところまで上がってくるんじゃないかと私は予想しています。

タイヤが変更になったとはいえ、今回もやはりタイヤをいかに持たせるかがレースのカギになってきそうです。
予選までを見る限り、治安は大丈夫そうですが、とにかく物騒な事がなにもなく、無事にレースを終わらせて欲しいです。
出来ればタイヤが痛まない程度のバトルもあるといいな(笑)

関連記事
  1. 2013/04/21(Sun) 04:38:29|
  2. Motor Racing|
  3. Trackback/s:0 |
  4. Comment/s:0
<<2013 FORMULA 1 GULF AIR BAHRAIN GRAND PRIX | Home | Decisive Battle>>

Comment/s

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback/s

トラックバックURLはこちら
http://akaty.blog3.fc2.com/tb.php/1585-f3a0d535

Akaty

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Pull-Down Menu

Sincere Thanks

My Friends' Blogs

Search My Site









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。