Akaty's GPL

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

NICOLAs cage

ここ何日か親指シフトの話題を出していませんでしたが、ちゃんと練習してます(・_・)/

キーボード配列については、ほぼ覚えました。
ただ、まだ文章を打とうとすると、頭のなかでまずひらがなにして、今度はそれをこれまた頭のなかのキーボードのどのへんだったかを探す、という、非常に手間のかかる変換作業を経由してやっと一文字打つ、みたいな状態^_^;

親指シフトのWikiページを見ると、

親指シフト規格での入力に習熟すると思考を中断しないタイピングが実現し、文章入力にほとんどストレスを感じなくなる。すると頭の中に浮かんだことが即座に画面上の文章になる、いわば「指がしゃべる」ような感覚を得られる。
この「指がしゃべる」という感覚は、親指シフト規格のように、すべての読みを1打鍵で入力できる方式でのみ得られるものである。なぜなら、我々が日本語でものを考えているときは、頭の中に「が」という音を浮かべているのであって、「か」+「゛」でもなければ「g」+「a」でもない。頭の中に浮かぶ音をそのまま打鍵できる方式でなければ、「指がしゃべる」という快適さは得られない。

などと説明されているんですが、まだまだその域に達するまでは時間が掛かりそうです。

というか、私は現在日本語をローマ字入力でタイピングしていますが、この説明にあるような、ひらがなを頭のなかでローマ字変換して、なんていう作業は全くしていないんですよね。
親指シフトの入力に習熟すればまた違う、『指がしゃべる』感覚を得られるのかもしれないので、それはそれで楽しみにはしていますが、とりあえず私自身の感覚で言えば、ローマ字入力での日本語のタイピングでも、キーボードを意識することはほとんどなくて、ある意味『指がしゃべる』って言ってもいいんじゃないかというくらい、入力に関してはほぼストレスはゼロ、ほとんどありません。
ならなぜわざわざ親指シフト入力を今頃練習しているのか、と言われれば、『たまたまその気になっちゃったから』なんですが(笑)
それ以外に、入力する労力は軽減されるかな、という期待がちょっとあったのは事実です。

ローマ字でのかな入力は、基本『母音+子音』なので、キーの入力する数で言えばかなり無駄が多い、というか効率がちょっと悪くて、キーを叩いている数の割に入力される文章は少なめ、というのはあるんじゃないかと前から思っていました。
なので一時期かな入力に挑戦してみたりしたのも主にその入力の効率化を考えてのことでした。
まぁこれは敢えなく挫折、というか飽きちゃいましたがw

でもこうやって親指シフトでの入力を練習していて思うのは、それなりに高速で入力出来るようになっている、自分の今までのタッチタイピングでのローマ字入力の能力には、ずいぶん助けられていたんだなぁ、と言うこと。
とりあえず、字を見てから、キーボードのどこらへんだっけ、なんていうのが頭に浮かんでいるウチは、「指がしゃべる」なんていうレベルには程遠く、長文の文章を入力する気には全くなれないので(笑)
一日でも早く、親指シフトでの入力でも、何も考えずに字を見たら指が勝手に入力している、くらいのレベルまでなんとか持って行きたいなぁ、と思っています。

で、前タイピングソフト、『Typewell』で練習始めました、っていうのをここに書いたんですが、とりあえずアレに関しては結構進歩がありました。

前回の時はやってみたらタイムが遅すぎて記録を登録すらしてくれない、という、あまりにひどい仕打ちに、立ち直れないほどのショックを受けて泣き崩れましたが(ウソw)、その後頑張って練習した結果、今の状態はこんな感じ。

typewell

タイピング練習ということで、間違えても修正せずにバンバン打ち続ければいいのでかなり無茶苦茶な打ち方してて、実際にはまだまだ実用には程遠いですが、段々頭で考えなくてもだいたいの場所がわかるようになってきているので、このまま飽きずに続けられれば(笑)、なんとか使えるようになりそうな目処は立ってきたかな?(笑)

で、先日このTypewellで親指シフト入力をするために親指シフト用のエミュレータをDvorakjに変えた、と書いたんですが、その後それまで使っていた『やまぶきR』でもTypewellの練習に使えるやり方がわかったので、今はまた『やまぶきR』に戻しています。
やまぶきRでTypewellを使うには、設定中の『配列』タブにある配列定義ファイルに『NICOLA(タイピング).yab』を指定してやるだけでした^_^;

ちなみに、私は普段日本語入力にGoogleIMEを使っているんですが、これでYamabukiRを使っていて、IME切り替えでアルファベットを入力しようとすると全然違う配列になってしまうのでちょっと困っていたんですが、これも自分がなにも考えずに適当にNICOLA配列用の定義ファイルに『NICOLA.yab』を指定していたのが原因で、GoogleIMEで使う時は『NICOLA(文字直接入力).yab』を指定してやれば全く問題なく普通にアルファベット入力出来るようになりました。

ここでも何度も書いてますが、私の場合、『まず説明をちゃんと読め』、この一語に尽きますね、ははは^_^;

さて、今日もちょっと練習すっかな(^^)

関連記事

  1. 2013/04/16(Tue) 00:29:27|
  2. General|
  3. Trackback/s:0 |
  4. Comment/s:0
<<Absorption in music ? | Home | 2013 FORMULA 1 UBS CHINESE GRAND PRIX>>

Comment/s

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback/s

トラックバックURLはこちら
http://akaty.blog3.fc2.com/tb.php/1580-8718369a

Akaty

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Pull-Down Menu

Sincere Thanks

My Friends' Blogs

Search My Site









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。