Akaty's GPL

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

2013 FORMULA 1 UBS CHINESE GRAND PRIX

さて、F1中国グランプリが終わりました。
予選で異なる戦略を取ったドライバー、チームがどんなレースをするのか興味がありましたが、果たして結果は?
まだ観ていない方はここでさようなら(笑)

では続きは『続きを読む』↓で(^^)
















結果を見れば表彰台に登った三人は予選の上位三人でした。
まぁこれ、私は良かったと思いますし、たぶんこうなるんじゃないかと予想していました。

確かに作戦的にはベッテル選手やバトン選手が取ったような、ミディアムタイヤでスタートして、最後の最後にすぐダメになるソフトタイヤを使って義務を果たすっていうのがベストの戦略だったんだと思いますが、そのために予選を捨てるような、私から見れば消極的な作戦って、やっぱり上手く行かないと思うんです。

特にベッテル選手みたいに、コース上で常に自分の能力の限界を出したい、っていうようなタイプのドライバーにとって、予選Q3を走らずに後方から、っていうような作戦は、やる気っていうか士気が上がらなくてダメだと思うんですよね。

ただレースでは最後の最後、10秒以上前を行くハミルトン選手を毎ラップ3秒以上速いペースで追い上げて、抜くギリギリまで行って、盛り上げたのは凄かったですよね。
まぁ前を行くのは予選ポールだったハミルトン選手ですから、追いついても無理だとは思ってましたが、私も楽しませて頂きました。

優勝はアロンソ選手。
文句を付けるところはありません。
素晴らしい走りだったと思います。

ただ(笑)
アンチアロンソ選手派の私としては、この影にはピット戦略で犠牲になったマッサ選手の、隠れたチームオーダーのおかげがあったと思います。
フェラーリには間違いなくピットの優先順位について、どんな場合でもアロンソ選手に優先して選択する権利があって、マッサ選手の契約にもその項目があるはずです。
いや、いい悪いって言ってるわけじゃありませんので念のため(笑)

2位はライコネン選手。
フロントノーズに傷を負いながらの2位表彰台は凄い。
あのアクシデントはスチュワードからのお咎めなしでしたが、これは私もしょうがないと思います。
ライコネン選手はそのオーバーテイクのほとんどが相手をアウト側から抜く珍しい(と私が思っている)タイプのドライバーですが、アウトから抜くのはああいうリスクがあるんですよね。
相手がミスすれば必ずアウトにはらむわけですし、抜かれる側もターンインに向けてエイペックスに集中しているので、インは常に意識していますが、アウトにあのタイミングで飛び込まれるのを認識するのはなかなか難しいものがあると思います。
逆に言うと、そのリスキーなアウト側からのオーバーテイクを、これまたほとんど成功させるライコネン選手のあのオーバーテイクは一種の芸術と言ってもいいくらいだと思います。
個人的な印象ですが、仕掛けたら8割以上くらいは成功させているんじゃないでしょうか。
まぁインに飛び込んでも接触するときは接触するし、今回の場合ほんのちょっと運がなくてマシンにダメージを負ってしまいましたが、あのスピードであの乱れたマシンをコントロールするライコネン選手はホントに凄いと思いました。

3位はハミルトン選手。
最初のタイヤが早い段階でガケを下ってしまったみたいでがくっとタイムが落ちてしまって、予定が狂ったと思いますが、メルセデスに移籍してから最初の3戦の成績としてはこれ以上はないくらいの上出来なんじゃないでしょうか。
心配されていた信頼性の問題もここまでハミルトン選手にはほとんど出ていなくて、これならマクラーレンより全然良さそう(笑)

正直私はタイヤ戦略の違いで、レース中はコース上での順位との違いが良くわからなくて、イマイチ楽しめなかった印象のレースでした。
アンチのあの人が調子良かったっていうのも影響してるの、かも(笑)
まぁ予選でゴタゴタした印象があった割にレースは普通に、滞り無く進んだ印象ですが、F1はこれで結果オーライでそのまま行ってしまうんでしょうか。
今回の予選の問題、それから、レース本番でも、今回タイヤ戦略の違うアロンソ選手とベッテル選手などが接戦になっても、バトルをしてタイヤを痛めてしまうと損だから、という理由で、全くバトルもなくすんなり抜かせる、というシーンが何度もありました。
まるで腫れ物をさわるようにタイヤのご機嫌を伺うことが何よりも優先されてしまう、こんなレースが今後も続くとなると、私はかなり問題だと思います。
何事も過ぎたるは及ばざるが如し、で、いくら去年のグランプリを面白くしたと言っても、ここまでタイヤに振り回される事が果たして最善なのかを今一度考えなおすべき時が来ているんじゃないか、というような疑問が個人的には浮かんだ中国グランプリでした。

次戦はまた2週連続開催ですぐにバーレーン・グランプリがあるんですね。
中国グランプリとはまた違う理由で開催大丈夫なのかちょっと心配だったりしますが、なんとか楽しいグランプリをまた見せていただきたいですね。


では最後に今回のレース中継で印象に残った名言を記して終わりたいと思います。

それは川井ちゃんが、イエローフラッグ中にDRSを使っていたという違反ドライバーのあまりの多さを見て言った衝撃の一言。

『これはチャラにした方がいいですね』

私もそう思います(笑)
関連記事
  1. 2013/04/15(Mon) 00:01:02|
  2. Motor Racing|
  3. Trackback/s:0 |
  4. Comment/s:0
<<NICOLAs cage | Home | Turning Point>>

Comment/s

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback/s

トラックバックURLはこちら
http://akaty.blog3.fc2.com/tb.php/1579-bb0b5e70

Akaty

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Pull-Down Menu

Sincere Thanks

My Friends' Blogs

Search My Site









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。