Akaty's GPL

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

The Naked General

もう終わっちゃったんだけど、先日『山下清展』を観て来ました。
実は今までドラマは知ってたけど、その絵はほとんどちゃんと観たことがなかった。
でも見てみたら、良かった~。
ちぎり絵というか、貼絵なんですね、山下清さんの絵って。
その細かさにビックリ。
あの細かく切った色紙で埋め尽くされた絵は実物を見ないと良さはわからないだろうな、と思いました。
出口に図録も売っていたし、複製画も売ってましたが、もう全然別物。
複製画はほとんど写真で撮ったコピーみたいな感じなのにウン万円っていう値段が付いていて、私なら買わないな~と思った(買えない、とも言うw)
実物を観て来たところだし(笑)
それからサインペンを使ってのモノクロ画もあったんですが、この点描画の手法も見事でした。
また貼絵やサインペンだけの絵だけではなくて、水彩や油彩、焼き物など様々な手法の作品を手がけられていたのも知らなくて驚いただけでなく、そのどれもひと目で山下清さんの作品とわかる非常にオリジナリティのあるスタイルなのが素晴らしかったです。

あと、絵に山下清さんご自身のコメントみたいな、感想みたいな文も随所にあったんですが、この文章がまた飾らない正直な文章で個人的に良かった。

一番気に入ったのは、うろ覚えなんでだいぶ文が違うと思いますが、

「みんな人は裸になれないのに、銅像はみんな裸なのはなんでだろう。その裸の銅像を有難がって観ているのってどうなんだろう」

みたいな(ホントだいぶ元の文章と違ってると思います、すみません^_^;)

言われてみれば確かに、みたいな。

驚いたのは、私はあのドラマの『裸の大将』って山下さんが亡くなってから作られたとばかり思っていたんですが、ご存命の頃にすでにドラマ(このときは映画だったそう)化されていたんですね。
清役をやることになった小林桂樹さんが山下さんご本人に直接会ってその人となりを勉強しに来ていたという写真があってビックリしました。

あとは、最近久しく聞かなくなった気がするんですが、『ルンペン』という言葉が随所に出てきて、なんか新鮮でした。
山下さんって放浪の旅をやめてからずっと後の絵に対するコメントでもこういう一番貧しいひとの立場でものを見ているものがすごく多くて、有名になってもずっとその頃の気持ちを忘れずにいた人だったんだな、と感じました。

個人的に山下さんの絵って、子供の落書きみたいな印象だったんですが(失礼すぎてすみません)、ホントに目からウロコ、見終わったばかりなのに、もう一度観たい、と思うような素晴らしい作品ばかりでした。

貼絵などは紙や糊の劣化が激しいそうなので、見られる機会があれば是非。
ホンモノは感動すること間違いなし、です(^^)

関連記事

  1. 2013/04/11(Thu) 00:01:02|
  2. Art|
  3. Trackback/s:0 |
  4. Comment/s:0
<<Necessary Evil | Home | Let's Get Typing>>

Comment/s

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback/s

トラックバックURLはこちら
http://akaty.blog3.fc2.com/tb.php/1575-4b7f388c

Akaty

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Pull-Down Menu

Sincere Thanks

My Friends' Blogs

Search My Site









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。