Akaty's GPL

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

Solution

GeForce GTX460にグラフィックボードを変えて、GPLカクカクの原因もDigitalDisplayModifierでほぼ確定し、Direct3DでもOpenGLでも画質最高にしてもほとんど何の問題もなくなりました。
描画が重い場面になると、FPSレートの表示自体はほとんど変化しないけどびみょ~にフレームレートは落ちてる感じがあったりしますが、まぁ前に比べたらかなりいい感じ。

で、OpenGLでもフレームレートは全く問題なくなったんですが、前にも書いたことがあるんですが、OpenGLだと画面のリフレッシュレートが60Hzになってしまうという問題、これが相変わらず出てました。
コース選択画面やセッティング画面までは設定したリフレッシュレートなのに、走行画面に切り替わると60Hzになるっていう状態。
これが強制的にリフレッシュレートを固定するソフトを使っても、最初一回はそのリフレッシュレートになるのに、一回ピットに戻ってもう一回走行しようとすると今度は60Hzになってしまう。
まぁ今までD3Dで走っていたのでそっちにすればいいだけのことなんですが、これってなんとかならないのかな~と、色々設定を変えていたら、これもほとんど偶然っていう感じで解決法が見つかりました。

GPLのショートカットのプロパティの互換性のタブの『デスクトップコンポジションを無効にする』、これにチェックを入れるだけ^_^;
いや~、あまりにも簡単なんで拍子抜け(笑)
この問題、前の構成のPCのWindowsXPでも出ていたんですが、そのときとはまた別の原因だったっていう事なんでしょうか。
デスクトップコンポジションってWin7のエアロの関係じゃないかと思うので。
よくわかりませんが^_^;

まぁとにかくこれでOpenGLとD3Dがどちらも何の問題もなく使える状況になりました(^-^)
私は今までOpenGLとD3DのどちらでもGPLを問題なくプレイ出来るっていう状況になったことってほとんどなくて、いつも否応なしにそちらにせざるを得ない、っていう状態だったので、それだけでもなんか嬉しかったりします。

これであと10年戦える?(笑)

関連記事

  1. 2012/09/26(Wed) 23:58:05|
  2. Grand Prix Legends|
  3. Trackback/s:0 |
  4. Comment/s:0
<<Dreamworld | Home | Arriving in Japan>>

Comment/s

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback/s

トラックバックURLはこちら
http://akaty.blog3.fc2.com/tb.php/1361-858678ed

Akaty

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Pull-Down Menu

Sincere Thanks

My Friends' Blogs

Search My Site









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。