Akaty's GPL

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

Rock Meets Classic Meets Period Drama

私はまだ見たことがないんですが、NHKの今回の大河ドラマ、「平清盛」にエマーソン、レイク&パーマーの”タルカス”が使われているそうですね。
と言ってももちろんそのまま使っているワケではなくて、以前ちょっとここでも紹介した、吉松隆さんによるオーケストラアレンジバージョンだそう。
吉松隆さんが今回の大河ドラマの音楽を担当されることになったことから実現の運びとなったようですが、吉松さんご自身が今回の大河の音楽にこのタルカスを使いたいと要望を出したそうで、相当気に入られている様子が伺えます。

2011/1/26
全くのデタラメを書いてしまっていました。本当に申し訳ありません。
以下に吉松隆さんのブログからの引用を転載させて頂きます。
「もうひとつ、演出側から出されたリクエストが、一昨年私が制作した「タルカス」のオーケストラ版を使いたいということ。」
今回の今回の大河ドラマに「タルカス」が使われる事になったのは、演出の方からの要望だったと記されています。
確認したつもりでしたが、自分の思い込みがあったようで、事実無根の内容を書いてしまって、勘違いされた方がいらっしゃいましたら本当に申し訳なく思っています。
すみませんでした。
以後十分気をつけます。


吉松さんが執筆されている「月刊クラシック音楽探偵事務所」というブログがあって、そこで今回の経緯について詳しく書かれています。

”大河ドラマ「平清盛」音楽制作メモ : 月刊クラシック音楽探偵事務所”
http://yoshim.cocolog-nifty.com/office/2012/01/post-f32b.html

また、吉松さんのロックに対する考え、そしてEL&Pのタルカスをどのようにオーケストレーションしたかについて書かれたこんな記事も。

”夏休み総力特集「ロックmeetsクラシック」: 月刊クラシック音楽探偵事務所”
http://yoshim.cocolog-nifty.com/office/2010/08/meets-c6b3.html

さすがクラッシックの作曲、編曲をされる方だけあって、内容も非常にアカデミックで、そのまま文献として使えそうなためになる内容がビッシリ詰まっていて素晴らしいです。

惜しむらくは、私に音楽を理解する素養が乏しいために、楽譜の引用などもかなりあるんですが、そのほとんどが私には良くわからないという事^_^;

あと、「ロックmeetsクラシック」の中で、ロックとクラシックが出会ったアルバムがいくつかピックアップされているんですが、その中に、私の中での「ロックmeetsクラシック」のベストアルバムであるマハビシュヌ・オーケストラの”Apocalypse”が入っていないのがちょっと残念。
ただ、他に色々紹介されている中で、まだ私は聴いたことがないアルバムがいっぱいあったので、機会があればこれらのアルバムも一度聴いてみたいな~と思いました(^-^)

関連記事

  1. 2012/01/15(Sun) 23:15:00|
  2. Music|
  3. Trackback/s:0 |
  4. Comment/s:0
<<”P” is not initials of Palmer, but of Powell. | Home | With Great Power Comes Great Responsibility >>

Comment/s

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback/s

トラックバックURLはこちら
http://akaty.blog3.fc2.com/tb.php/1097-326a4560

Akaty

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Pull-Down Menu

Sincere Thanks

My Friends' Blogs

Search My Site









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。